投資信託が人気の5の理由

投資信託が人気の5の理由

安定性

株との違い

自分で直接株を買うのではなく、
株取引などで儲ける会社にお金を預けて
その営業成績が直接的な利益・損益になることです
投資のプロに任せるので”初心者が株をやるよりは”安定しているかと思います
もちろんあくまでも上下があるものなので
必ず儲かるわけではありません

中期的な曲線

自社でなにかを開発したりするわけではなく
動向を読みながら運営する体制なので
短期で大きく曲線の動きが変わることは少なめです

初期費用

株よりはるかに元手が少なくて良い

使用する証券会社によって違うのかもしれませんが
σ(`・・´ )が使っているカブドットコムでは
最小500円から1円単位で投資することが出来ます

配当

毎月配当がある

すべてのファンドがそうなわけではないのですが
総じて毎月配当型は人気です
人気ということはお金を集めることができているということです

累積投資

株のように年1の配当(ない場所もあるけど)ではなく、
毎月のように配当が入る投資信託には
累積投資というものがあります

これは配当をそのままそっくり(手数料、税金はありますが)
そのファンドに再投資することができます
これにより、長期的にみると価格が上がろうと下がろうと
再投資をする影響上では所持している残高は低くはなりにくいという特徴があります

積立

投資信託には上述した累積のほかに
毎月お金を新しく足していく
積立という方式があります

これは累積とは違い毎月口座に配当は戻ってきて
それとは別に毎月決めた額を再投資するという仕組みです

楽天証券だと最小100円からあつかってくれるみたいなので
貯金箱にお金を入れる程度に気持ちで始めることが出来るのが魅力ですね





ちなみに曲線は累積と似た状況に収束しやすい傾向があります

NISA

税金

最後に
なんといってもNISAが魅力です
NISAで投資すると
配当の税金が取られない!

仮に100万円(年12%の配当)に投資したとすると
月あたり1万円の配当がありますが
2000円~3000円くらいかな 税金が奪っていきます
それが5年間0になるのです

少なくともNISAを使用しているのとしていないのとでは
安全度には月とすっぽんの差が冗談抜きであるので

当年分のNISA枠を使用していない場合は
迷いなくNISAにするのがいいと思います。

注意点

投資信託の場合は長期保有が原則になるので問題ないですが
NISAは買った時の値段の総額が100万(最近は120万)が上限です
一回売ってもその数字は戻ってこないので注意してください。

また、1年間で違う会社からNISAを扱うことはできないようなので
※そのうち銀行の人に聞いてみます

やっぱりあっちの銀行や証券会社でやろう!
ということはできないので気を付けてください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。